ガートナー社、クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント™レポートにて Cloudera を Visionary に選出

ガートナー社、クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント™レポートにて Cloudera を Visionary に選出

by Navita Sood
この記事は、2022/01/19に公開された「Gartner® Magic Quadrant™ for Cloud Database Report Recognizes Cloudera as a Visionary」の翻訳です。

Clouderaは、ガートナー社の「クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント™」(Magic Quadrant™ for Cloud Database Management Systems (DBMS))、「分析ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ」(Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases)、「運用ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ」 (Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases)の3つのレポートで評価されました。クラウド・データベース管理システム(DBMS)市場のマジック・クアドラント™で Visionary (概念先行型)として選ばれたのは、製品の優秀さと、セキュリティとガバナンスが組み込まれたハイブリッドかつ多機能な統合プラットフォームで市場をリードするという、当社の姿勢が示せたからです。

ガートナー社は、マジック・クアドラント™のクラウド・データベース管理システムとそれに関連するクリティカル・ケイパビリティ・レポートにおいて、20社のベンダーを評価しました。クリティカル・ケイパビリティ・レポートでは、4つの分析ユースケースと4 つの運用ユースケースをサポートする各社のコア・ケイパビリティが評価されています。Cloudera Data Platform(CDP)は、「分析ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ」の中で、データウェアハウス、ロジカルデータウェアハウス、データレイク、オペレーショナルインテリジェンスの4 つの分析ユースケースすべてにおいて、上位10社に入っています。これは、統合されたエンドツーエンドの統合プラットフォームを通じて、すべての分析ユースケースを実現するCloudera の優れた技術と能力を示すものです。「運用ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ」レポートに Cloudera が選出されたのは、今回が初めてとなります。

私たちは、Cloudera Data Platform(CDP)に、CDP Data Warehouse、CDP Operational Database、CDP Machine Learning、CDP Data Engineering、CDP Data Flow といったクラウドネイティブなデータサービスを構築することに取り組んできました。これらの統合データサービスは、高度な分析、ストリーミング、機械学習、トランザクション処理など、さまざまなデータワークロードに適したソリューションを提供し、エンドツーエンドで自動化されたデータライフサイクルを実現します。また、CDP のセキュリティ、ガバナンス、メタデータ管理を強化することで、お客様が複数のクラウド(パブリックおよびプライベート)にまたがる複雑なデータワークロードを安全に実行できるようにしています。CDPのデータカタログは、関連するデータを簡単に探し、機密情報を管理し、系統と監査アクセスを追跡することを可能にし、どこで、どのように使用しても、データとその価値に対する信頼を保証します。また、財務ガバナンス機能の構築も継続して行っており、チャージバックの可視化とモニタリング、ワークロード評価ツールによる支出分析などを行うことで、お客様のワークロードの削減を支援しています。

お客様は、経費、パフォーマンス、セキュリティ、スケーラビリティに影響を与えることなく、クラウド上でワークロードをシームレスに実行することができます。CDP とそのクラウドネイティブなデータサービスが発表されてから2年も経たないうちに、ガートナー社が、その進歩を認識してくれたのは大変嬉しいことです。今回のレポートで、クラウドDBMS 市場に対する強い市場理解と強固なロードマップを持つ Visionary として選ばれるまでに至ったのです。また、軸となる実行能力に沿った MQ ポジションでの大きな進展を誇りに思っています。これは、お客様が当社のプラットフォームを信頼してくださっていることの証です。CDP の中核となる設計方針は、ユースケースの組み合わせに対応した統合ソリューションを提供することにあります。私たちの強みは、多機能でハイブリッドな統合プラットフォームで、すべてのデータを一元化し、エッジから AI まで、データのライフサイクル全体を1つのプラットフォームで自動化できることです。このプラットフォームとそのアーキテクチャ、そして Apache Hive、Impala、HBase、Phoenix、Spark、Flink、Kafka などのオープンソース技術を使用することで、市場において最高のコストパフォーマンスを実現しています。

詳細スコアに関しては、レポートをダウンロードし、ご確認ください。
2021 Gartner Magic Quadrant for Cloud DBMS
• 「Gartner Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases」レポート

ガートナー社: Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems (クラウド・データベース管理システムのマジック・クアドラント™), By Henry Cook, Merv Adrian, Rick Greenwald, Adam Ronthal, Philip Russom, 2021年12月14日発行
ガートナー社: Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases (分析ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ), By Rick Greenwald, Merv Adrian, Adam Ronthal, Philip Russom, Henry Cook, 2021年12月14日発行

ガートナー社、Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases(運用ユースケース向けクラウド・データベース管理システムのクリティカル・ケイパビリティ)、アナリスト別:Merv Adrian, Rick Greenwald, Adam Ronthal, Henry Cook, Philip Russom, 2021年12月14日発行

ガートナー免責条項:
ガートナーおよびマジック・クアドラントは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標であり、本記事においては許可を得て使用しています。All rights reserved.ガートナーは、リサーチ出版物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではなく、テクノロジーユーザーに対して、最高の評価またはその他の評価に位置づけられたベンダーのみを選択するよう助言するものでもありません。ガートナーの調査関連の発行物は、ガートナーの調査組織としての見解として構成されており、事実の記述として解釈されるべきではありません。ガートナーは、本調査に関して、商品性や特定目的への適合性の保証を含め、明示的にも黙示的にも一切の保証を行うものではありません。

 

E-book: IoTによる デジタル トランスフォーメーション

 

Cloudera Japan Marketing
この著者の他の記事

コメントする

あなたのメールアドレスは公開されません。また、コメントにリンクを貼ることはできません。