データガバナンスとは?概要やメリット、実施手順、注意点を解説

データガバナンスとは?概要やメリット、実施手順、注意点を解説

現代のビジネスにおいてデータは資産です。日々の企業活動で収集するデータを適切に管理し、ビジネスに活かしていくためにはデータガバナンスの理解が重要です。本記事では、データガバナンスの概要や必要性、メリット、実施手順、注意点を解説していきます。

データガバナンスとは、データの取り扱いや利活用を統制すること

データガバナンスとは、データを効果的に利活用できるように取り扱いや管理におけるルールを定め、適切にデータを統制していく考え方や取り組みを指します。ガバナンスは日本語で「統治」や「管理」という意味を持つため、データガバナンスはデータに関するさまざまなルールや運用方法を決めて統治・管理するということです。

 

データガバナンスが必要な理由

データガバナンスの必要性が高まっている大きな理由として、多くの企業がデータドリブン、つまりデータに基づいた経営を強化している点が挙げられます。さまざまな顧客データなどを大量に収集できるようになった現代では、いかにデータを効率的に収集・分析し、迅速な企業の意思決定につなげられるかが重要です。また、膨大なデータを収集するうえでは、情報漏えいを防ぐために十分なセキュリティ対策が欠かせません。このような背景から、データを適切に統治・管理するデータガバナンスの必要性が増しています。

 

データガバナンスの3つのメリット

ここでは、データガバナンスのメリットについて3点紹介します。

 

 メリット1:データに対する共通理解が図れる

データガバナンスにより、企業や組織内においてデータに対する共通理解を持つことができます。顧客データや経営データは多くの部門で横断的に利活用することになるため、ルールを定めておくことで企業や組織内でスムーズにデータの統合や利活用を図ることができるでしょう。

 

メリット2:データの信頼性向上

データの信頼性が向上する点もメリットです。データガバナンスによって収集データの種別や形式、出所などを適切に分類・管理しておくことで、データの正確性や一貫性を保つことができます。常に正しく整理されたデータを揃えておくことで、信頼性のあるデータを利活用できるようになります。

 

メリット3:データの取り扱いに関するコンプライアンス違反の防止

データガバナンスはコンプライアンス強化にも貢献します。データの取り扱いに関するセキュリティポリシーや監視ルールを明確に定義することで、透明性のある企業活動につながります。その結果、コンプライアンス違反が起きるリスクが減少するとともに、万が一違反が生じた際にも迅速な対応ができるようになるでしょう。

 

データガバナンスの取り組み手順

データガバナンスの取り組み手順として、4つのステップを説明します。

 

ステップ1. データマネジメントを行う目的の明確化

データガバナンスは、円滑にデータマネジメントを行うための取り組みです。まずは企業や組織において、データマネジメントを行う目的やデータマネジメントによって成し遂げたい成果を明確にすることが大切です。

 

ステップ2. データガバナンスに必要となる規約の作成

目的の明確化ができたら、データガバナンスを実施していくうえで必要な規約を作成していきます。たとえば、データ管理の対象項目や必要となる体制、チェックルールなどの情報を体系的にまとめていくようにしましょう。

 

ステップ3. データガバナンスに向けた体制構築

規約の作成後は、実際に活動していくための体制構築を行います。規約で定めた体制を基に、データの安全性や利用状況、コンプライアンス遵守状況などを監視する人員を配置します。

 

ステップ4. データガバナンスの実践・運用

規約作成や人員配置までできたら、日々の企業活動に対してデータガバナンスを適用していきます。データの収集や保管、利活用が運用ルール通りに行われているかなどを確認し、実際の運用を通じて運用ルールや体制を改善していくことが大切です。

 

データガバナンスの注意点

データガバナンスにはメリットもある一方で、注意しなければならない点も存在します。ここでは、主な注意点を2つ紹介します。

 

まずは試験的に始めるデータガバナンスを段階的に始める様子

データガバナンスを実施する際は、まずは試験的に開始することが重要です。いきなり企業や組織全体への本格運用を目指そうとすると、各部門の混乱を招き、データガバナンスの浸透が難しくなるおそれがあります。そのため、はじめは各部門のキーマンを対象に部分的に導入するなど、試行段階を設けるとよいでしょう。

 

規約や運用ルールの拡充に終始しない

データガバナンスの目的は、迅速な企業の意思決定を促進し、ビジネスの競争力を高めることです。一方、データガバナンスを実施していく中で、規約や運用ルールの拡充に多くの時間を費やしてしまうことも少なくないでしょう。規約や運用ルールはあくまでデータガバナンスを通じてビジネス成果を上げるための手段であるため、データガバナンスの活動そのものが目的とならないように注意しましょう。

 

まとめ:データガバナンスは効果的なデータマネジメントに不可欠

データガバナンスは、企業や組織内のデータを適切に統治・管理していくための考え方や取り組みを指し、効果的なデータマネジメントに不可欠です。日々のデータ収集や利活用に対してデータガバナンスを適用することで、企業の意志決定の迅速化やコンプライアンス強化につながるでしょう。データガバナンスを実施する際は、活動の目的を明確化したうえで、各部門の理解を得ながら推進・改善を継続していくことが大切です。

モダンデータウェアハウスが直面する3つの最大の問題

Cloudera Japan Marketing
この著者の他の記事

コメントする

あなたのメールアドレスは公開されません。また、コメントにリンクを貼ることはできません。